皮膚科

当院では、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い方の皮膚トラブルを診療いたします。ちょっとしたかぶれやニキビ、アトピー性皮膚炎やほくろの心配など、何でも結構ですのでお気軽にご相談ください。

 

大人では湿疹、かぶれ、ニキビ、水虫などはもちろんのこと、巻き爪、おでき(粉瘤)、けがに対する治療も行っていますので、お気軽にお声がけ下さい。

子どもでは、乳児湿疹、おむつかぶれアトピー性皮膚炎、ニキビなど、何でもご相談ください。子どもの肌はとてもデリケートです。皮膚トラブルが起こりやすい上に、かゆみを我慢できず掻きむしってしまい、病気を悪化させることがよくあります。子どもの皮膚の病気は、ひどくなる前に対応することが大切です。また、子どもの皮膚は日常的なスキンケアも大切です。

軟膏の塗り方や保湿剤の使い方、そのほかスキンケアの方法についてご不明なことがありましたら遠慮なくお尋ねください。


日常でよくある皮膚の病気についてまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

よくある皮膚の病気

 

にきび(尋常性ざ瘡)

ニキビは、皮脂などが毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になることから始まります。そして詰まった毛穴の中でバイ菌が炎症を起こしニキビとなります。思春期に多く、成長期のホルモンバランスの急激な変化が原因で発症します。治療は外用薬、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬など)などの中から選択します。ニキビを放置してしまうとニキビ痕や色素沈着となってしまいますのでお早めの受診をお勧めします。