〒491-0001 愛知県一宮市瀬部小山6-1

​TEL 0586-51-8080  FAX 0586-51-8081

内視鏡検査、皮膚科手術などの予約診療、往診を行っていますが、急な体調変化などの緊急時には状況に応じてご対応申し上げますのでご連絡下さい。

大腸がんは男性では胃がん、肺がんに次いで3番目、女性では乳がんに次いで2番目に多いがんで、年々増加しています。

大腸がんは腺腫という良性のポリープががん化して発生することが多いため、良性のポリープの段階で切除することがとても重要です。

しかし、大腸カメラは痛い、苦しい、恥ずかしいと思い検査を避けている方が多いのではないでしょうか。確かに、下剤を飲んだり、少し面倒なこともありますが、当院では様々な工夫により苦痛の少ない大腸カメラをご提供致します。

​定期的に大腸カメラを受けていれば、ほとんどの大腸がんは予防できます。大腸カメラほど、確実にがんを防げる検査はありません。是非、当院での検査をご検討ください。​こんな症状のある方はもちろん、無症状の方も40歳以上の方は検査をお勧めします。

当院の大腸カメラの特長

01

苦痛の少ない大腸カメラ

最新の細い内視鏡で大腸への負担を軽減し、より苦痛の少ない検査を行っています。

また、ご希望に応じて鎮静剤(意識をボッーとさせるお薬)を投与し、眠っている間に検査を行うこともできます。さらに、当院では検査時に大腸を膨らませるガスに二酸化炭素を用いています。二酸化炭素は通常の空気よりも吸収が早く、検査中、検査後のお腹の張りが軽くなります。

02

日帰りポリープ切除が原則

ポリープの大きさにもよりますが、原則日帰りポリープ切除を行っています。

ただし、ご希望に応じて、近隣の提携病院への入院することも可能ですのでご相談下さい。

03

内視鏡専門医による精度の高い検査

数多くの内視鏡検査、手術実績を有する専門医による、安心、安全、確実な検査をご提供します。また、最新のハイビジョン内視鏡の高画質な画像を用いた精度の高い検査で確実ながんの早期発見に努めています。

04

検査前の下剤にも工夫

検査前に飲む下剤も数種類から選択いただき、飲みやすくした下剤をご提案します。

また、下剤は当院でも自宅でもお好きな所で服用いただけます。

05

徹底した内視鏡の消毒洗浄管理

最新の自動洗浄機で徹底した内視鏡洗浄、消毒管理を行っています。また、当院では生検鉗子やスネア(ポリープを取る道具)は使い捨てを用い、徹底した感染対策を行っています。

06

胃カメラと同時に施行可能

ご希望に応じて胃カメラと大腸カメラを同じ日にお受けいただけます。(要予約)

胃と大腸の内視鏡検査を1度にできるため、食事制限、検査前後の待ち時間、通院回数がすべて検査1回分で済むため、身体的にも時間的にも経済的にも負担が少なくなります。胃がん、大腸がんは、定期的な検査を受けていただくことで早期発見が可能になります。また、当院では鎮静剤を使用し、胃・大腸の同時検査をお勧めしています。

検査当日の流れはこちらをご覧ください。